ふぁみーゆツダコマ株式会社

※日常生活用具の申請対象です

TOPICS トピックス

2021/03/29

携帯スロープ「パラレール」、「パラキャリー」のホームページをリニューアルしました。

津田駒製2本レール型携帯スロープの特徴

軽くて丈夫

炭素繊維複合材料を使用することで軽量かつ高い強度を実現。
コンポジット機械を取り扱う津田駒だからこそ製造できるオリジナリティです。

持ち運び便利

スリムなフォルムで携帯性抜群。
車内に収納して外出先へ持ち運べます。

簡単操作

ワンタッチ操作で設置ができます。

充実したラインナップ

スロープ長さ50cmから120cmのものまで取り揃えています。
視認性の良いカラーユニバーサルデザイン。

運搬専用スロープも

車いす・バギーの積み降ろし、片付けの負担を軽減します。

連結ベルトでしっかり位置決め

2本レールの間をつなぐ連結ベルトが、スロープ位置をしっかり固定してくれます。
車いすのサイズに合わせてお選びください。

連結ベルトの選び方 >

適用段差

適用段差は、車いすの種類やご利用者、介助者の体力などにより異なります。
適用段差の目安として、下記を参照してください。

  適用段差目安
パラレール50/50C パラレール90/90W パラレール120C
  自力走行 介助者必要 最大段差 自力走行 介助者必要 最大段差 自力走行 介助者必要 最大段差
段差高さ(cm) 2~6 7~11 15 7~10 11~18 22 9~13 15~23 29
本スロープの長さと段差の比較 約21~7倍 約6~4倍 約3倍 約12~19倍 約8~5倍 約4倍 約13~9倍 約8~5倍 約4倍
スロープの傾斜角度 約5°~10° 約11°~15° 約20° 約5°~7° 約8°~12° 約15° 約5°~7° 約8°~12° 約15°

製品を正しく安全にお使いいただくために、ご使用前に必ず取扱説明書をお読み下さい。

ご使用者の声

使用製品 パラレール50
主な使用場所 駅のホーム
感想 電動車いすでは、重量的に介助が何人いてもちょっとした段差を上がれなかったが、パラレール50を使うことであきらめていた場所・お店にも行けるようになった。
コンパクトで携帯しやすいので、電動車いすにかけて持ち運んでいる。
使用製品 パラレール90
主な使用場所 自宅玄関
感想 軽くて持ち運びやすく高齢の介助者でも使いやすい。また、たたんで収納できるので玄関のちょっとした隙間に置ける。毎日使って5年以上経つが損傷も特にない。
使用製品 パラキャリー
主な使用場所 車への積込
感想 車への積込に120cmのスロープ長さがちょうどよい。
2本レールの間に体が入るので、車いすを押す時に力を入れやすい。
他の120cm長さのスロープと比べて低価格なのもポイント